将来的なフリーエンジニアの需要の動向

エンジニアは、もともとは企業に抱えられてコンピューターシステムの構築やプログラミング等を担ってきた職種である。
しかし、近年では企業に属さず、個人事業主として企業からの仕事を受注して請け負うフリーエンジニアが増加してきている。

フリーエンジニアとなる最大のメリットは、自分で自由に仕事を請け負うことができ、必要に応じて仕事の内容を交渉することもできるということである。
企業勤めであると、ある程度の立場ができるまでは、言われた通りに仕事をすることしかできない傾向にあるが、フリーランスならば企業と対等な立場で契約をして仕事をすることができる。

もちろん、仕事が無数にあるわけではないので、自分の望む仕事ばかりを受けられるとは限らないが、余力があればいくらでも仕事を受けることだって可能である。
したがって、自分の能力に応じて適切な仕事の量を保つことが可能なのである。

現状としてフリーエンジニアは増加する傾向にあるが、その成功談が増えていることから、将来的にも増加していくことが予想される。
その結果として、一人当たりの仕事の量が減らざるを得ないかもしれない。
しかし、社内で処理するのに比べて安価に仕事を回せることから、企業もコスト削減に向けて活用を展開すると期待できるだろう。

したがって、将来的にもIT革命が続く限りは需要は高い状態が維持されると予想される。
ただし、能力競争は甚だしくなってゆくため、有能な者でなければなれない状況ができてくる可能性が高いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です